靴日記 Day.3

DSC_6514.JPG

先日購入したリーガルのプレーントゥがご機嫌です。ので、新たに靴日記を始めてみることにしました。3日めとなるこの日は外苑前→表参道→渋谷→我孫子→新宿→自由が丘とほぼ12時間履きっぱなし。すでに僕の足のシルエットが浮き上がってきました。目立つ汚れはなかったので、ブラシで埃をおとして、線の入った部分重点的にごく薄くクリームを与えました。

FAKE STAR

DSC_6511.JPG

グラスクリップ:CLIPTOSH / MOSCOT

愛用のメガネがワンタッチでサングラスに。(MOSCOT定番の)LEMTOSH専用でちゃんと「クリップトッシュ」という名前がつけられています。老舗MOSCOTがニューヨーク発信ということはよく知られていますが、実は現在、日本で発売されているモデルのほとんどは中国で生産されているのだそうです。メイド・イン・チャイナ=粗悪品というイメージは今や過去のものとなりつつありますが、金メッキの仕上げとかを見ると、もう少しがんばりましょうという感は否めません。このクリップに関してだけ言えば、そのチープ感も悪くないというか、フェイクスターを目指す僕にとてもよく似合っているように思います。

困惑

DSC_6505.JPG

うーむ、よくない。前回と同じだ。買ってきた多肉を鉢に植え替えたら翌日から元気がなくなりこんな風にしおれてしまいました。水はたっぷりやったから足りないということはないだろうし、水が多すぎたとしても1日で寝腐れすることはないと思う。直射日光には当てておらず、逆にちょっと日に当たらないぐらいでこんなになることはないハズ。と、なると、うむ、おそらく土が合わないのでしょう。観葉植物用のパサパサしたやつにしてみるかな。しかし、短期間での引越しは弱った植物にはダメージな気がするし、かと言ってこのまま合わない土の中にいるのもかわいそうな気がするし。どうすりゃいいんだ?困りました。

サーモカップ

IMG_0190.jpg

最近の買い物は先にイメージがあって、あとから現物がついてくるというパターンが多い気がします。その日一杯目のモーニングティーを車でいただく時のためのサーモカップをずっと探しまくっていたのですが、サイズや形状で納得のいくものになかなか出会えず、妥協してスタンレーのフタなしサーモタンブラーにしようかと思い始めていたところで、ほぼすべての条件を満たしたコイツを見つけました。ちょうどコーヒー一杯分というサイズがいいし、いかにもカリフォルニアっぽいデザインも、まあこのカラーなら許されるんじゃないかと。

キダオレ日記 ポリエチレンバッグ

DSC_6500.JPG

特に今年になってからよく見かける防水シート(クリアシート?)を再利用したこの手のグッズ。いかにもリサイクル品なものから何万円もするデザイナーズのものまで、形状もポーチ、バッグ、レインコートなど様々です。

10年ぐらい前だったかFREITAG(トラックの幌や自転車のチューブ、車のシートベルトなどをリサイクルして作ったバッグのブランド)が登場した時は、かなりセンセーショナルでしたが、1、リサイクル精神。と、2、これまで誰も見向きもしなかった素材に着目した。という点で、これもその流れを組むものではないかと僕は勝手に想像しています。

FREITAGが成功したのには、話題性やデザインだけでなく、バッグとして非常に使い勝手がよかったことが理由にあげられると思います。軽く、丈夫で、体にしっくりなじみ、開け閉めが楽で、雨にも強い。ツールとしての機能性の高さはブームのピークをすぎた今も十分に魅力的で、おそらく今後もある一定のシェアをキープし続けるのではないかと思います。

対してこっちの方はどうでしょうね。機能性についてはまだ使ってないので何とも言えないけど、ずっと飽きのこないデザインというわけではないかなあ。ハーフスケルトンな感じは悪くないですね。アイデア使っていろいろ見せ方考えるの楽しそう。

見てのとおりサーフィンに行く時なんかアウトドアで活躍しそうだけど、ここはあえてストリートで使ってみようと思います。

ちなみにお値段1300円。WEEKEND (ER)というタグが付いていたけど、これがブランド名?

 

Keys

DSC_6495.JPG

USBメモリ:bonjour records

USB風のキーホルダーかなと思ったら、これでちゃんと16GBの容量があるのだそうです。これは買ってしまうよね。

独自路線を突っ走るボンジュールレコードのアイテムはオリジナルにしてもセレクトにしてもやはり「DJからの目線」という軸がブレていないところが素敵と思います。毎回小さな発見があるので代官山歩いていると思わずふらり立ち寄ってしまう。カフェラテも普通に美味しいですしね。

さて、この小さくてかわいいヤツ、僕のDJ活動の新しいドアを開く「鍵」となるでしょうか?

ちなみにゴールドのモデルもありました。CDJ使いのDJのみなさん、オススメです。

肉体改造

DSC_6496.JPG

もともとダイエットをしていたところに入院が重なり、痩せたのはいいのですけど、所有のパンツが全部デカくて腰パンになってしまったり、弊害もないわけではありません。前回、ラッシュガードだけでサーフィンしたら肋骨が当たるところが痛くて、痛くて。

ま、数十年ぶりに自分の理想に近い体型に向かっているところですので、そういうの全部楽しんでいますけど。

新しくベストを入手しました。例によってPatagonia。方々から賛否(主に否の方ね)の声が聞こえてきますが、前にも言ったとおり、僕の中ではそれらの問題はいちおう解決しています。いずれにしてもこれで肋骨気にせずサーフィンに集中できます。

話を戻しまして、入院という想定外の要素(の手助け)はあったものの、この春先に思い立ってスタートさせた肉体改造計画は順調に進んでいると思います。不摂生と運動不足で失った筋力を取り戻すのにはまだ少し時間がかかりそうですが、コンプリートまでの道のりがはっきりと見えています。

これまでいろいろなスタイルのダイエットに挑戦してきましたが、今回は入院をはさんだ前後で全くセオリーが異なっていて、そのどちらも効果を上げているところが自分的にもとても興味深いです。データはしっかり残してありますので、いずれどこかで公開するかも知れません。