カテゴリー別アーカイブ: 音楽

DJ info

DTM2017.9.19.jpg

MAC ROMANCE “DINNER TIME DJ” @CAY
日時:9月19日(火)19:00-23:00h
場所:青山CAY(スパイラルビルBIF)
入場:無料(1ドリンク制)

青山の地下に広がるリゾートムードの食&音空間=青山CAYでディナータイムDJいたします。たっぷりソロで4時間。空間をムーディー&エロティック?に演出いたします。

お料理は軽いおつまみからしっかりディナーまで、お酒のメニューも充実しています。スタンディングバーで軽く1杯引っかけるもオッケー。大人数でワイワイもオッケー。デートでご利用の際はマックロマンスがキラーチューンでアシストいたします。

*貸切イベントではありません。青山CAYは通常どおりレストラン営業しています。

DJ info

21271064_1844539888893627_3972122825111276773_n.jpg

9/13(水)ジム・ジャームッシュ展最終日 DJイベント

展示会期:2017年8月23日(水)〜9/13(水)

場所:TWD GALLERY(恵比寿)
第69回カンヌ国際映画祭へ同時出品したジム・ジャームッシュ監督の新作映画「パターソン」と「ギミー・デンジャー」の日本劇場公開に合わせて、同作品のスチル写真展とジャームッシュ監督の旧作映画の超レア版ポスターの展示を開催中。

展示最終日の9/13(水)には、ジャームッシュ映画にちなんだ音楽を中心にDJイベントを行います(19:00〜24:00)

ゲストDJ: MAC ROMANCE http://macromance.com/
場所:TWD GALLERY(恵比寿)
東京都目黒区三田2-8-1 2F
お問合せ:03-6452-4662
交通:JR 恵比寿駅ガーデンプレイス前出口からJR 目黒駅方面へ徒歩8 分
JR 目黒駅から恵比寿ガーデンプレイス方面へ徒歩8 分
会期中営業時間:平日19 時~24 時/土・日16 時~24 時*要1 ドリンクオーダー
定休日:火曜日(会期中のみ)
更新情報URL:
instagram: https://www.instagram.com/twdgallery_official/
facebook: https://www.facebook.com/twdgallerytokyo/

キダオレ日記 ものんくる ”世界T”

DSC_6597.JPG

歌姫=吉田沙良と東京音楽界の貴公子=角田隆太のユニット「ものんくる」が、この夏、3rdAlbum「世界はここにしかないって上手に言って」をリリース。これを記念したTシャツが販売されていると聞いてさっそく展示場に行ってきました。詳しいことはよくわからないのだけど、これはアーティストとのコラボ企画っぽいですね。おそらくハンドメイドの1点モノ。メンズのサイズはもうこれしか残っておらず、大人気なく二つとも買い占めてしまいました。音楽とアート、ファッションの融合、いいなあ。おじさん応援しています。

保存保存

Keys

DSC_6495.JPG

USBメモリ:bonjour records

USB風のキーホルダーかなと思ったら、これでちゃんと16GBの容量があるのだそうです。これは買ってしまうよね。

独自路線を突っ走るボンジュールレコードのアイテムはオリジナルにしてもセレクトにしてもやはり「DJからの目線」という軸がブレていないところが素敵と思います。毎回小さな発見があるので代官山歩いていると思わずふらり立ち寄ってしまう。カフェラテも普通に美味しいですしね。

さて、この小さくてかわいいヤツ、僕のDJ活動の新しいドアを開く「鍵」となるでしょうか?

ちなみにゴールドのモデルもありました。CDJ使いのDJのみなさん、オススメです。

DJ Info

DTM2017.8.10

MAC ROMANCE “DINNER TIME DJ” @ 青山CAY 2017.8.10(木)19:00-20:00

●青山CAYでディナータイムDJします。
日時:8月10日(木)19:00-23:00h
場所:青山CAY(スパイラルビルBIF)
選曲:DJマックロマンス
入場:無料(1ドリンク制)

DJ Info

SOLOSESSIONS20170801 (1).jpg

毎月第一火曜日はDJマックロマンス”ソロセッション”

新入荷のレコードや未完成のNEW MIXなど、DJマックロマンスの新ネタをどこよりも早く(フライング気味に)披露いたします。

MAC ROMANCE “SOLO SESSIONS”
8月1日(火) 20:00-23:00h
@外苑前OFFICE/青山通りを見下ろすFAB空間
入場無料/ドリンクフード充実

機材

IMG_9800.jpg

ODYSSEY:ターンテーブルケース K-1200

このところ出張DJする機会が増えてきました。需要に応じて機材を買い集めているうちに、カートリッジからスピーカーまでひととおり揃い、小規模なスペースなら、電源さえあればどこででもDJできるようになりました。(大規模なイベントには別途システムが必要です。)

僕にはローディを雇えるほどの余裕は当然ありませんので、機材はすべてひとりで運びます。これがけっこうな重労働。特にターンテーブルは基本、持ち運びのことを考慮して設計されておらず、重ねられずに場所を取ったり、配線処理が面倒だったり、移動中の衝撃に細かな配慮したり、これまでもいろいろ苦労してきました。このたび、ようやく専用のハードケースを購入したのですが、使ってみるととても便利で、こんなことならもっと前に手に入れておけばと後悔の始末。

ハードケースと言えばその重さが持ち運び時のネックだったのですが、最近は特殊な樹脂素材を使った軽量モデルが登場していて重量は半分以下。ストイックでシンプルなデザインもグッドだし、いやいや、こんなことならもっと前に手に入れておけばよかった。

欲を言えば、配線用のホールを作ってもらいたかったですが、それもおそらく強度との兼ね合いなのでしょう。機能性、デザイン性、満足です。コストパフォーマンスも良好。よい買い物でした。

出張DJ(ミュージックデリバリーと言った方がかっこいいかな?)は今後、力を入れていく分野と思っています。ソフトもハードもクオリティを上げて、全国から(もちろん世界からも)オファーがもらえるようにならなきゃね。がんばります。