カテゴリー別アーカイブ: 自転車、ランニング、水泳

借りた本を返さなきゃ

DSC_6671.JPG

何十年も借りたままになっている本が出てきました。

30をすぎたばかりの頃、都内で自転車のメッセンジャーをやっていた時代があります。興味本位で始めたのですが、「メッセンジャーをやっていた。」と公言するには最低1年間、つまり4シーズンを通して業務遂行の必要があると聞き、結局まるまる1年間。メッセンジャーの冬の仕事は本当に過酷、春先の気分の良い時だけチャラチャラ走っただけで「メッセンジャーを語るな。」というわけですね。

同僚たちのほとんどは歳下で、おじさんが若者のパーティーにまぎれこんじゃったみたいな感じでなかなか馴染むことができませんでしたが、それでも気の合う人というのはどこにでもいるものです。写真の本を貸してくれた同僚は知的で、物静かで、ちょっとおっとりしたキャラクターの好青年(今じゃおじさんになってることでしょうけど)でした。確かご両親がラーメン屋を経営されているとかで、でもラーメンにはあまり興味がなくカレーが好きなんだ。(笑)というような話をしていたのをおぼえています。

この本が僕の手元にあるってことは、大好きなカレーの素晴らしさを伝えたかったのでしょうか。残念ながら、その頃の僕にはこのキーワードはヒットしなかったようで、ページをめくることもなく、メッセンジャーも卒業してしまって、そのまま20年が経過してしまいました。

「好きな本を貸し合ったりする関係」て、すごく理想的と僕は思います。一冊の本が一人の人間からもう一人に手渡される。そこにまつわるストーリー。いいよね。うまく説明できないのですけど、そういうものごとが人の心と生活を豊かにしてくれているような気がします。

ただし、相手が女性の場合はちょっと話が違うかも。「好きな本や作家が似ている女性との間に芽生えた恋はうまく発展しない。」というのが僕のつたない恋愛経験から学んだひとつの定説です。(どころか、趣味の合いすぎる相手とはドロドロの結末を迎えるケースも少なくない気がします。)

さておき、今日は荒天でお昼の予定がすっ飛んでしまいましたので、久しぶりにゆっくり読書してすごそうと思います。

それと、借りた本はちゃんと返さないとね。連絡先もわかんないし、今どこで何をやってるかも知らないですけど、何だかまたそのうち会えるような気がしています。

保存保存

保存保存

保存保存

BLUE BAG

DSC_6405.JPG

久々のヒット商品。これは間違いなく流行るな。いや、僕が知らないだけで、きっともう流行ってるのだと思います。

キックボクシングの練習はとにかく荷物が多いのがネック。僕は汗の量がハンパないので、着替えやタオルも人の倍、グローブや防具も場所を取ります。これまではアウトドアのダッフルバッグ(もともとはテントを運ぶために作られた大容量バッグです。)を使っていたのですが、それはそれでジムのロッカーに収納するのがたいへんでした。

IKEAで全ての問題を解決するバッグを発見。軽くて丈夫な素材で、折りたためて、背中にも背負え、水洗いができて、簡易的だけど防水仕様。しかも何だかスタイリッシュ。そしてお値段、300円!キックやジム通いはもちろん、サーフィンでも、日常生活の中では例えばコインランドリーとか使い方いろいろありそう。カスタマイズも楽しそうね。

サイクリング下田

DSC_6299.JPG

今週、真鶴に行ったばかりですが、今日は下田を訪れました。スーパービュー踊り子号に乗って伊豆急下田駅へ。(スーパビューなわりにはトンネルが多くて、ま、いいですけど。)白浜まで5kmぐらいの道のりを歩いてもよかったのですが、うまい具合にレンタサイクルを見つけたので急遽ハイキングからサイクリングにチェンジ。グーグルマップに最短距離を入力したところ、これが裏目に出て、激しい峠をママ自転車で越える羽目になりました。鈍った体によい刺激になったかな。帰りは普通の車道を使いましたが、それでもまあまあの高低差ありました。この景色が観れたのは神さまからのご褒美ですね。

パラカップ

IMG_8847 (1).jpgPhoto by Tomba :のろのろ歩いてるみたいだけど本人は一生懸命走ってるつもり

チャリティーランイベント「パラカップ」に今年も参戦してきました。「チャリティー」とかって僕は究極逆の方で生きている心の歪んだ人間なので、どのツラ下げて来てんだい?って感じなんですけどね。まあそんな僕にも天使への憧れはあります。

今回はリレー形式の3時間耐久レース。年に1回ぐらいしか活動していないゆるすぎるランニングクラブ、いつものメンバー5人でたすきをつなぎました。

パラカップは昨年まではハーフマラソンの部があったのですが、今年はリレーの部オンリー。大会の趣旨からしてこの試みは成功だったと思います。単にゴールを目指すのと、たすきかけて走るのと、かなり気分がちがいます。何と言えばよいのかな、「つながっている」という使命と安心感。

チームメイトもそうですけど、ここに関わる人たちは運営チームも参加者もみんな本当に心が天使。冷たい雨、強い風、最悪のコンディションの中、ボランティアスタッフや出場者のみなさんからの声援を受け、楽しく走ることができました。また来年も参加したいな。

駒沢クルーズ

IMG_6726.jpg

飲みの席で「駒沢」が話題にあがりました。コータ(ラブラドールレトリーバー)もいなくなっちゃったし、子供たちも大きくなったし、ランニングもやらなくなってしまったってことで、最近は駒沢公園に行く機会もめっきり減りました。何だかいろいろ懐かしくなっちゃって、久しぶりに自転車で駒沢クルーズ。いろんな変化はあるけれど、あいかわらず良い磁力を発してますね、駒沢は。写真はバワリーキッチンで空前のカフェブームをこしらえた山本宇一さんがプロデュースしたというコーヒーショップ。スペースもコーヒーも音楽もさすがだなあって感じ。こっそり写真撮ってたら店の女の子に見つかってしまいました。

パラカップ

IMG_5584.jpg

年に1回ぐらいしか活動しない、ゆるーいランニングクラブに属しています。そのメンバーでパラカップというランニングイベントに参加してきました。ハーフマラソン個人の部と駅伝の部があって、僕は駅伝の方に参加。たった5kmでしたが、多忙をいいわけに運動をサボりまくってきた今の僕にはとんでもなく長い距離に感じました。

パラカップはアジアや中東、アフリカなどの子供たちを支援する複数の非営利団体がその活動を広く一般に認知させることを目的に開催しているイベント。多摩川の河川敷を利用した手作りの草レースではありますが、チャリティーイベントならではの様々な演出が施され、市民ランナーに人気の大会です。出場者も年々増えている気がする。

特に運営スタッフの感じの良さが特徴で、何て説明すればいいかな、参加するだけで心が洗われるような気持ちになります。いやほんと笑顔と希望に満ち溢れた素晴らしい世界なんですよ。

僕のような下衆な人間にも美しい心にあこがれる部分はありまして、この日ばかりは腹に抱える黒い物の存在を忘れて、ハートフルな時を全身で満喫します。いろいろ事情あってこうなってしまったけれど、僕の本質はこっちサイドにあるんじゃないかとすら思います。世界の子供たちをサポートなんて僕にはとても。サポートされてるのはこっちです。

on the road 5

DSC_5396 (1).jpg

せっかくだから、自転車屋さんの写真も貼っておきます。自転車好きのみならず中がどうなってるか入ってみたく思わせる店がまえ。