カテゴリー別アーカイブ: 海、山、自然

ハイキング

DSC_6100.jpg

最近の静かなマイブームと言えば「ハイキング」。「散歩」と何がちがうのかと言えば、そうね、ハイキングにはおおむね決まったルートがありスタート地点と目的地も明確です。どこで食事をするかなどの予定もある程度立ててある。何もかも行き当たりばったりでやってきた僕にとってはなかなか新鮮。達成感を得るためには「プラン」の存在が必要不可欠とこの歳になってようやく気がついた次第です。

どの地を訪れても、よく手入れのされた公園や美術館などの文化施設、グルメ本には載ってないような飲食店などが点在しているもので、まあ、寄り道は必至です。

この日は東調布駅から深大寺までの10kmほどの道のりを歩きました。小川のほとりでカワセミに遭遇。深大寺周辺の蕎麦屋をはしごしてお腹いっぱいになり、近くの温泉で汗を流し、充実の休日となりました。途中、ビール飲んだりできるのもいいよね。

ショートトリップ

DSC_6087.JPGMOA美術館(熱海)からのワンショット。海に浮かんでいるのは初島。

 

オレと海?

IMG_8410.jpg

ビートルちゃんで海に行く時、サーフボードはケースに入れて運んでいたのですが、特に湘南だとボードそのまま載っけている人が多いので、僕も真似をしてみたところ、準備も撤収もかなり楽になることがわかりました。

ボードの積み方に関しては、どっちが上だとか、どっちが前だとか、先輩サーファーたちの間でも意見が分かれる上に、そもそもボードをルーフに積むのは危険だという意見もあって(逆に中積みは危険という人もいます。)、要するにサーファーそれぞれにスタイルがあるということなんだと思うのですけど、片方に従えばもう片方の顔が立たず、という感じで、まあ正直ちょっと面倒くさいところはあります。

サーフィンは「オレと海」な世界と思っていたのですが、海には必ず他のサーファーがいますし、地元の漁師さんや住民がいる。ルールやマナーを守ることは当然として、それ以上に彼らと良好な関係が築けるかどうかが、サーフィンを続けていく上でけっこう重要なポイントだということに最近気がつき始めました。「オレと海と人」なわけだ。

ローカルの決まりごとなんてローカルの人と接してみないとわからないですし、ポイント選びに始まって、地元の食堂とか、無料の駐車場とか、本当に欲しい情報はインターネットでは見つけられないことが多い。結局、ここでもコミニュケーション能力がモノを言います。人づきあいが苦手な自分がどこまでどう対応できることやら。

写真:ボードを傷つけずに積めるようにキャリアにパッドを取り付けました。

海岸線

IMG_7916.jpg

奥さんの実家がある静岡へ行って来ました。帰りはちょっとまわり道をして海岸沿いをドライブ。もともと海は好きですが、サーフィンをやるようになってから海の見かたも以前とは違います。この日は南風に押されて波がつぶされる感じで決して良いコンディションではありませんでしたが、地元のサーファーはかまわず果敢に波に向かっていました。

近くに浜岡原発がありまして、周辺エリアは「普通の田舎」とはちょっとムードが違います。これ以上は何も言いますまい。

LIFE SURF

oba.jpg

とうとう神奈川の海にサーフデビューしました。ローカリズムが強い土地でよそ者にはキツイこともあるから注意しろと聞いていましたが、連れてってくれた友達が地元顔なじみってこともあってか、みんな笑顔で挨拶とかしてくれるし、心配していたようなことは何もありませんでした。ゆるくピースフルな波で個人的にはものすごく好みだったんですけど、地元のサーファーはこの程度では海に入らないそうです。

駐車場がオシャレ。温水シャワー完備でいたれりつくせり。徒歩圏内に食事するところもたくさんあるし、美味しいパン屋さんとか、地場野菜売ってる八百屋さんとかあってもう言うことなし。12月とは思えないような小春日和で、ショートトリップを満喫しました。

あと、サザンオールスターズの悪口はここでは絶対に言ってはならぬ。と、肌で感じました。

次はひとりで行ってみようかなあ。。

photo by NOBO

GOOD STORE

IMG_7451.jpg

鎌倉でご機嫌なストアを発見。ワークウェアの廉直さに都会的なエレガンスの加わったオリジナルブランドの服と趣味のよいセレクト品がいい感じにディスプレイされています。サーフィン、ファームワーク、ガーデニング、そしてもちろん街でも、今の僕のライフスタイルのあらゆるシチュエーションで使えそうなものばかりがずらりと並んでいてちょっと興奮してしまいました。

この日はサーフィン帰りだった(僕はサーフィンに大きなお金やカードを持っていきません)のでソックスとコンテナだけ購入。ソックスは今年気になるオレンジ色のメイドインジャパン。コンテナはマトリョーシカ人形みたいに同じデザインでサイズ違いのボックスが中に3つ入っています。ひとつはワックス入れに。ほかは何に使おうかな。

ほかにもツイードのジャケットとかフリース素材のパンツ、セントジェームズのボーダーシャツなんかもあってわくわくしました。

このところ何を着ればいいのかわからず、いや、着たいと思う服に出会えず、あちこち彷徨い歩いていて、まさかロンハーマンではなかろうし、アウトドアウェアも頭からつま先までPatagoniaってわけにもいかないし、いっそのことユニクロでいいや、みたいに投げやりになってたので、ちょっと嬉しい出会いになりました。次は財布にお札いっぱい入れて行こうと思います。

ショートトリップ

IMG_7103.jpg

土曜日の午後、時間ができたので、ビートルちゃん飛ばして我孫子のノースレイク・カフェ&ブックスに行ってきました。最近はサーフィンでしょっちゅう千葉にいますが、このエリアは同じ千葉でも海側とは何もかもが違います。写真は手賀沼。海でもなく、湖でもなく、巨大な沼。沼ってのがいいよね。水鳥たちに癒されたあと、オレンジ色のサンセットも堪能することができました。

ノースはそろそろ開店2周年だそうです。そんなにしょっちゅう行けないけど僕にとってはホームみたいなお店。美味しいカフェオレと松田さんとののんびりトークやりとりでばっちりエネルギーチャージしました。

このあと帰宅して飲んで寝たらクローネンバーグの映画みたいな夢を観ました。我孫子と関係あるかはわかんないですけど。