カテゴリー別アーカイブ: 映画 演劇

theatergoing

shigatu.jpg

演劇「すべての四月のために」を東京芸術劇場で観ました。お芝居とかってあまり馴染みのない世界なんだけど、風邪でダウンの友人からチケットがまわってきたという経緯。このようなイレギュラーなお誘いはできるだけ受けておいた方がよい。というのが僕の持論、「シートに選ばれた。」と考えることにしています。

劇の内容も登場人物も何の前情報もなしに着席。ジャニーズのアイドルが主役とあってかお客の9割は女性。中年男性の姿はほとんどなくアウエー感に押しつぶされてしまいそう。

いざ幕が上がってみれば自分が劇場にいることは忘れ、いつしか深くストーリーの中に吸い込まれてゆきます。この感覚は何なんだろうな。セットとか明らかに作り物のはずなのに妙にリアルに感じます。海のにおいがする。

戦時中の朝鮮半島が舞台、重苦しい題材をテーマにしていながらにして、コメディ作品ばり、随所にちりばめられたコミカルな演出が特徴的な、まさに「笑いあり涙あり」の大作です。登場人物が持つキャラクターとそれぞれのストーリーが舞台上で交錯する内容で、視点の置き方によっては複数の主人公がいるように感じました。

ストーリーや演出も素晴らしいけれど、まあとにかく「役者ってすげえなあ。」って思いました。自分ではない他人を演ずるって。劇場みたいにお客と同じ空間の中で演技するのって、たぶん細胞レベルとかでそのキャラクターになりきることができないと、観客にはそれが伝わってすぐに場がシラケてしまうよね。いやあ想像しただけで震えちゃうね。

観劇後に出演者のひとり中村靖日さん(写真中央)とお話をする貴重な機会を得ました。(とても熱い方でした。)名脇役というとご本人には失礼かも知れないけれど、この作品では彼の存在がとても重要な役割を担っていました。ちょっと代わりが想像できない。彼にしか演じられない役が他にもいろいろありそうです。もうけっこういい歳だと聞いたけど、これから先の活動がすごく楽しみです。応援しよ。

作品のキーワードとメッセージはわりとわかりやすく語られていると思います。音楽もダンスも格闘技も、自分の体を使って表現するアートはみんなそうだけど、やはりスクリーンやテレビで観るのとライブでは大違い。たくさんの刺激をいただきました。風邪をひいた友人に感謝しなきゃ。

 

MOVIE VIEW

DSC_6794.JPG

映画”ENDLESS POETRY” 「エンドレス・ポエトリー」を観ました。いやもう凄かったの何のって。このワンシーンの写真を見て、ちょっとでも興味を持った人は観に行って損はないと思います。いや、観ないと損だな。

ネタバレしない方がいいと思うので詳細は何も言わないけど、いろいろ物事を深く考えさせられる内容でした。個人的に啓示とも思えるキーワードも見つけました。もちろん映画として映像や演出も素晴らしかったし、映画の枠を超越したアート作品としても高く評価されるべきと感じました。

現実の社会はどんどん窮屈で居心地が悪くなっていくのですけれど、ことアートの世界の中においては自分の居場所が年と共に増幅しているように思います。

保存保存

無題

IMG_0944.jpg

好きなもの。服と映画。

美術館やアートギャラリーを訪れるのも好きですが、服屋めぐりはもっと楽しい。最新のアート作品、観て、触って、着れて、その気になれば買って持ち帰ることもできる。青山あたり、買いもしないのに何度も行くから「変な客」と顔をおぼえられている店も少なくないんじゃないかな。

服そのものも好きだけどディスプレー観るのも楽しいよねえ。

MOVIE VIEW

mb.jpg

映画”ON THE MILKY RORD”を観ました。UNDERGROUND完全版と合わせて3夜連続でエミール・クストリッツァ監督の新旧作品をハシゴしたわけなんですけど、まあ、何ていうか、年齢を重ねながら創作活動していくことの難しさを改めて感じました。

70を超えても活動し続けるローリングストーンズがすごいのはよくわかるし、その年齢になって初めて表現できる円熟味みたいのが存在するのも理解はできるんですけど、じゃあ今のストーンズ、”サティスファクション”の頃と比べてどっちがかっこいいんだ?と聞かれれば、答えは言うまでもありません。

3日前に生まれて初めてクストリッツァ監督の映画を観て芽生えた感情=「これはもしかしたら僕の人生がまたここから変わってしまうかも知れない。」は、今回で完全に消え去りました。短い恋でした。

映画としては面白かったですけどね。写真は、撮影現場の様子を伝えるニュースサイトから無断拝借いたしました。現場の和やかなムードが伝わってくるナイスショットと思いました。きっとよいチームだったのでしょう。

Movie View

DSC_6672.JPG

エミール・クストリッツァ監督の”UNDER GROUND”完全版を恵比寿ガーデンシネマで観ました。連続ドラマ形式、6のエピソードで構成された5時間以上に及ぶ大巨編。いやあ、久しぶりにぶっ飛びました。

恥ずかしながらこの監督(作家、ミュージシャンでもあるらしい)のことをこれまで全く知らず、情報というのは与えられるのをただ待っているだけではなく、時として積極的に発掘すべきと反省しています。他の作品を観ていないので、これだけで大きなことを言うのも何ですけど、クストリッツァも知らずによくもまあしゃあしゃあと映画評まがいの口を聞けたもんだわ。

この興奮が一時的なものなのかどうかはまだわからないけれど、セックスピストルズの存在を初めて知った時と同じぐらいの強いインパクトを受けたことは間違いありません。

で、イベント限定Tシャツを購入するという、マニアックなサブジェクトを起点にしてるわりには、とてもミーハーな行動。ウンザ!ウンザ!

DJ info

21271064_1844539888893627_3972122825111276773_n.jpg

9/13(水)ジム・ジャームッシュ展最終日 DJイベント

展示会期:2017年8月23日(水)〜9/13(水)

場所:TWD GALLERY(恵比寿)
第69回カンヌ国際映画祭へ同時出品したジム・ジャームッシュ監督の新作映画「パターソン」と「ギミー・デンジャー」の日本劇場公開に合わせて、同作品のスチル写真展とジャームッシュ監督の旧作映画の超レア版ポスターの展示を開催中。

展示最終日の9/13(水)には、ジャームッシュ映画にちなんだ音楽を中心にDJイベントを行います(19:00〜24:00)

ゲストDJ: MAC ROMANCE http://macromance.com/
場所:TWD GALLERY(恵比寿)
東京都目黒区三田2-8-1 2F
お問合せ:03-6452-4662
交通:JR 恵比寿駅ガーデンプレイス前出口からJR 目黒駅方面へ徒歩8 分
JR 目黒駅から恵比寿ガーデンプレイス方面へ徒歩8 分
会期中営業時間:平日19 時~24 時/土・日16 時~24 時*要1 ドリンクオーダー
定休日:火曜日(会期中のみ)
更新情報URL:
instagram: https://www.instagram.com/twdgallery_official/
facebook: https://www.facebook.com/twdgallerytokyo/

MOVIE VIEW “PATERSON”

DSC_6602.JPG

ジム・ジャームッシュの新作「パターソン」はご覧になりましたか?

「何だかジャームッシュっぽくないな、でも、ジャームッシュ以外にこんな映画は撮れないよな。」

というのが僕の感想です。