カテゴリー別アーカイブ: 映画 演劇

Movie view

372b83d46d9ecd2a.jpg

“MANCHESTER BY THE SEA”を恵比寿ガーデンシネマで観ました。

お客さん、全体で10人ぐらい、何故か最後列に集中。僕自身もそうなのですがミニシアター的な劇場では一番後ろの席(のしかも端っこの方)を好む客が多いように感じます。

率直な感想としては、きっと美しい映像と役者の演技力を見せたかったのかなと思いました。アカデミーで脚本賞を取っているらしいけど、ストーリーはあまり好きじゃないな。主人公に胸の内に秘めた重苦しさを演じさせるために、わざわざわかりやすい事件をこしらえたよう見えて途中でちょっと白けてしまいました。「死」そのものをテーマにした作品であれば話は別なのですけど、装置として安易に「死」を使うのはオールドファッションだし、だいたい観ていてあまり気分がよくありません。

とはいえ、やはり役者の演技は圧巻で、久しぶりに主人公に乗り移られる感触を得ました。帰りの電車とかもうどよーんとしちゃって、途中で買ったビールの味も最低、この日は風呂も入らずにさっさとベッドに潜り込んでしまいました。一晩寝て起きたらいやーな部分はもう体の中にはなくて、美しい港町の映像が頭の中でゆらゆらと揺れています。うーん。もしかしてタイトルコールのあのシーンがこの映画のパンチラインだったかも?

そうそう、マンチェスターと聞いて、てっきりイギリスの話だと思っていたら、バリバリのアメリカ英語だし、実はアメリカが舞台だとわかるまで少し時間がかかってしまいました。

MOVIE VIEW

met.jpg

映画 ”The First Monday in May”(邦題:メットガラ ドレスをまとった美術館)を文化村ル・シネマで観ました。ファッション、アート系のドキュメンタリー映画はだいたいどれも同じセオリーを踏んで作られていることが多く、意地悪な言い方をすれば、観る前から内容はだいたいわかっています。それでももちろん見どころは各所にありますし、作者からのメッセージを発見する喜びやドキュメント作品ならではのリアルな感動を求めて、年に5本ぐらいは観てしまいます。僕はハードな映画狂ではなく、わざわざ劇場まで足を運ぶのはせいぜい年間50ぐらいですから、10本に1本はこの類な計算になります。けっこう好みの分野と言ってよい。

今回もたいして期待もせずに、雨の渋谷まで行ったわけなのですが、結論から言うと、いやはや想像以上にすごくよかったです。イベントそのもののスケールが壮大なのが一点。そして何と言っても登場人物のキャラクターの豊潤さが一般的なドキュメント作品から逸脱しています。衣装、セリフ、表情、身のこなし、、どれをとっても演出がかかっていないとは思えない。

たいした事件が起こるわけではないのですが、スピーディーでハラハラさせる展開で飽きさせず、被写物の美しさやセンスのよい音楽もあいまって非常に満足度が高い作品だと感じました。

イベントの映像を担当した映画監督のウォンカーウァイがいい味出してたなあ。場外馬券売り場とかにたむろしてるおっさんみたいな風貌なんだけど、終始無口も、たまに喋るセリフがとてもバランス感覚に優れていて、こういう風にものを話せるようになりたいなと思いました。あと、エンディングロールの最中だったけな、最後の方にスパイクリーが写真の中で一瞬だけ登場するんですけど、その1秒にもグッときました。

映画っていいですね。

MOVIE VIEW

homeless.jpg

観ました。(一部で)話題の映画「HOMELESS」。

まず最初に「ニューヨークと寝た男」というサブタイトルは全く必要ないと思います。「ホームレス」のままでいいじゃんね。

この映画、住む場所とかにこだわらず自由奔放に都会を生き抜くかっこいい男のストーリーだと思っていたのですが、ちょっと目論見が外れたかな。言うならば「ダメ男」の話でした。好きでホームレスになったわけではなく、いろんなことが中途半端で金もなく仕方なくビルの屋上で住み始めた「自称」クリエイターの生活を追ったドキュメントムービー。

当てが外れて失望したかと言えばそんなことは全くなく、とても多くを考えさせられる良い映画だと思いました。方向は違うものの主人公と自分との共通点がたくさんありすぎて、とても他人事ではない感じ。ただ、彼と彼の生活が少なくとも映画の題材となるレベルであるのに対して、こっちはハエの目にすら止まらないリアルな負け犬なわけで、彼のことを指差して笑う権利は僕には全くありません。負けてるという意味では僕の方がずっと酷く負けている。でも、同じLOSER同士、主人公の苦悩はじゅうぶんすぎるぐらい理解できます。

この映画のおかげで、おそらく今の彼はもうホームレスではなく、そこそこの仕事を得てまっとうなクリエイターとして活躍しているはずだと思うんですけど、果たして彼はこのチャンスを生かし続けることができるでしょうか?僕の考えでは、そんなに遠くない将来、彼はまた路上?生活に戻ることになるのではないかと思います。最近になって思うのですけど、ダメ人間は自分の意思でダメになるわけではないんですよね。宿命的にダメなんだ。

自分がそうだからと言って一緒にするな。という声が聞こえてきそうですけど、主人公のダメな感じは何か本質的にダメな感じがします。ダメ人間にはダメ人間のことがよくわかる。自分のことはよくわかんないんですけどね。ま、僕の言い分がはずれて彼が今後の人生を勝ち組としてまっとうできることを祈ります。

もっともこの方、モデルやってるぐらいだから、やっぱり魅せるし、社交性があって他人を楽しませることができるし、カメラマンとしてもそれなりに良い仕事をしていそうだし、人に迷惑をかけているわけでもなく、家族思いだったり、どの角度から見てもけっこう魅力的な人物であります。好きなことやって生きているわけだし、本人が開き直って「THIS IS MY LIFE」つって堂々としてれば立派な成功者なのではないでしょうか。

ホームレスと言えば、僕は若い頃に4年ぐらい住居を持たずにあっちこっち人んちでやっかいになってたことがあるんですけど、今にして思えば、あれは正にホームレスですね。あそこが僕の原点だとするならば、現在の自分の置かれてる環境はスーパーセレブ。屋根があるところで家族に囲まれて幸せに生活できることを神さまに感謝しつつ、少しでもダメ人間から脱却する努力をしなくてはいかんと思いました。

MOVIE VIEW

smoke.jpg

映画”SMOKE”デジタルリマスターバージョンを恵比寿ガーデンシネマで観ました。1995年の作品だから前に観たのは20年前ってことになるんだな。B面?の”BLUE IN THE FACE”に影響されすぎて、こちらの方ははちょっと印象薄く記憶されていたのですけど、やっぱり良い映画ですね。他の映画もそうですけど、観るたびに新しい発見があってね。

20年前の僕はバーのカウンターでバリバリ働いていた頃なので、主人公を自分に照らし合わせたりして、まあその仕事が自分に合っていると思っていたし、コミニュティのような場所を提供して社会にコミットしているという会心もあり、タイムリーに「マイサイド」な映画だったのですが、今の自分の立ち位置からして、この映画の中に僕はいないと感じました。ちょっと羨ましかったり、寂しかったり、複雑な気持ち。

(たぶん)この映画に感化されて、ずっと長い期間、毎朝のように同じ場所で空の写真を撮り続けている友達がいて、以前、彼女の写真を集めて展示する「空の写真展」のお手伝いをしたことがあります。壁も天井も床までもが「空」で埋め尽くされてね。素敵なイベントでした。5年ぐらい前になるのかな。ふと思い返せばあの頃と今と全然違う星の上に住んでいるような気がします。

 

 

ディストピア

メトロポリス.jpg

火曜日はサーフィンの日と決まっているのですが、足の故障(軽傷ですけど)で今週は断念。まるいちにち時間ができたので、映画でも観ようかと渋谷をふらふら。通りがかりで見かけたポスターに惹かれて、お芝居を観てまいりました。

メトロポリス?同名の映画をずっと昔に観たことある。未来のディストピアが舞台。後から調べたらやっぱり出元はその映画であるらしいです。かなり現代風(かつ東京風)にアレンジされていたけど、どことなく記憶をくすぐられる感じはありました。僕の中では「蟹工船」とか「1984」とかごっちゃになっちゃってんだよな。

ディストピアの話をすれば、僕は夢の中にいかにもディスな街を持っています。その名も「ロックシティー」。(酷いネーミングだけど夢なんだからしょうがない。)何度も何度も夢に出てくる退廃都市はイメージやストーリーが明確すぎて、本当は実際にあるんじゃないかと思うぐらい。一時その夢ばかりを綴るブログをやってたことがあるから、知ってる人は知ってるかもね。そういえば最近ロックシティーの夢をずっと観てない気がします。

芝居なんてのは、基本売れない役者ばっかりが集まってやるもんだと思っていたら、後で主演女優が松たか子さんと知ってちょっとびっくり。神々しさと純朴さ、そして狂気を求められる難しい役だと思うんですけど、ひとり二役、器用にこなしてらっしゃいました。ハマり役とはこのことですね。

ネタバレになっちゃうといかんので詳しくは言いません。エンディングが素晴らしくよかったです。立ち見席だったってこともあって、途中ちょっとしんどい部分もありましたが、頑張ればちゃんとご褒美が待っている、って感じ。原作の映画をもう一度観てみたい、という気にもなりました。

ディストピア。好きだな。

MOVIE VIEW

TRUMBO.jpg

映画 ”TRUMBO”(邦題:トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男)を渋谷アップリンクで観ました。最終日でした。あまり話題になってなかったのでさほど期待してなかったのですけど、やはり映画は劇場に足を運んでみないことには何もわからないですね。とても素晴らしい映画でした。見逃さなくてよかった。映像がいい。キャスティングが最高。コスチュームがいい。題材もいいですよ。今の日本に住んでいると特にそう思います。今年何本映画を観たかおぼえてないけど、これよりよかった映画を思い出せない(今少し酔ってますが)から、たぶんマイチャートでは本年ナンバーワンと思います。

アップリンクで映画を観るのはだいたい午後いちばんに上映されるのを選んで、いつも少し前に家を出て、通りの先にある魚屋さんでお昼をいただきます。そうそう、ごはん味噌汁おかわり仕放題だけど、残すと怒られるあの店です。おすすめは「アジのなめろう」ね。そして渋谷の知的オシャレブックショップ=SPBSに立ち寄ってトレンドを物色。映画が終わったあとはパン屋のVIRONのカフェで大好物のババ・オ・ラムをいただく、というのが鉄板コース。

トランボさんの眼鏡が3本(4本?)時系列で新調されてくんですけど、3本ともかっこよかった。たぶん最後のはモスコットと思ったけどどうなんでしょう。

WHISKY A GO GO

IMG_6336.jpg

お気に入りの映画館、渋谷のUP LINKで”SUGER BLUES”という映画を観たら、L.Aの老舗クラブ=”WHISKY A GO GO”のことが話題に上がってました。その帰りに寄ったブックカフェで手に取った写真集のページめくってたらこの写真を見つけてちょっと嬉しくなっちゃった。

WHISKY A GO GO。ドアーズやジミヘンがしょっちゅうライブで出演してたってんで、けっこう由緒あるハコとされてるんだけど、実は80年代に僕もそこでライブをやったことがあります。

僕らの前座がロードオブザニューチャーチというパンクのスター寄せ集めのドリームバンドだったんですけど、ギターのブライアンジェイムス(元ダムド)が本番前に楽屋でヘロイン打っててね。そりゃあまあ凄いライブで完全に喰われて、もう何をやってもダメだったという苦い思い出。この話は他でもしたことがあるから聞き飽きたって人はスルーしてね。おじさんの自慢話。

で、SUGER BLUES。「砂糖は体に悪い」というテーマの元に作られたドキュメントムービーです。言いたいことはわかるけど映画としてはもうひとひねり欲しかったなあ、ってのが率直な感想。途中でかなり眠くなりました。現実主義者の人たちが怒り出しそうな内容なんですけど、平日朝10時半からの上映にもかかわらず、劇場ほぼ満席で、普通の若いカップルなんかもいたりして、そっちの方がびっくりしました。

しかし、このご時世、肉を食べないってだけで社会生活が少しややこしくなってるってのに、砂糖を摂らないとなると、もう他人との関係をすべて放棄するに等しいと言っても過言ではありません。まわりに砂糖を食べない人しかいないってのも気持ち悪いしね。僕は自分自身はけっこう「そっち系」と思われる行動をしているくせに、実は「そっち系」の人はあまり得意ではありません。選挙で三宅洋平を応援したけど、三宅洋平のまわりにいる連中とはつるみたくない、的な。マクドナルドをコーラでじゃぶじゃぶ流し込んでるような人との方が気があったりします。我ながらめんどくさい人間です。まったく。