カテゴリー別アーカイブ: フォトギャラリー

パーティーレポート

fullsizeoutput_b091.jpeg

表参道の高級時計店ISHIDAのリニューアルパーティーでDJ。セレブリティが集まるファッションやジュエリーブランド関連のイベントにはバーテンダー時代、よくケータリングサービスで参加させてもらっていたが、私のDJ活動もようやくその域に足を踏み入れつつあるようで、何だか心がザワザワする。

この夜のスペシャルゲストがマジシャン=魔耶一星さん。機材のセッティング位置の関係で、急遽、私が音響のオペレーションを担当することになった。本番30分前に進行表を渡され、演出のキャプションを受けるが、想定外の事態に頭はパニック状態、言葉も何も入ってこない。

まあこういう時は、何を考えてもどうにかなるものではない。私は腹を決め、すべてを流れに委ねることにした。思考を止めて、真剣な顔つきで台本に目をやり、キャプションを真面目に聞いているふりだけをして場をやりすごし、頭の中を真っ白にしたまま本番に挑んだわけだ。

終わってみれば何のことはない。結果は大成功だった。アシスタントの方のナビゲーションが素晴らしかったし、進行表の時点で成功することはほぼ確約されていたと思う。(僕ではない誰か他の人がやっても同じようにうまくいっただろう。)

それにしても魔耶一星さんのマジックはすごかった。冒頭に何もないところからボーリングの玉が飛び出してきて、あまりのショックに今でも少しトラウマが残っている。

音響を担当したことで、マジックの演出の内側もちょっとだけ覗くことができた。野暮になるからこれ以上は何も言わないが、彼(ら)の技術が厳しい訓練の上に成り立っていることは間違いない。人前に立って芸を披露するということの重みを思い知らされた。

+ + +

これまでにいろいろなものごとにチャレンジしてきたが、気がつけばいつも、宴の裏方のようなことをやっている。自分が望んでそうなっているわけではないから、おそらく宿命のようなものなのだろう。

腕にはめたオメガは5年ほど前に友人からタダ同然で譲ってもらった。日常生活ではほとんど時計を使わないが、こういう時に役に立つ。

Photographed by Yusuke Sato

DJ INFO

cay9.21.jpg

一流の人は、人を色眼鏡で見ない。肩書きとか経歴に惑わされない。自分の感性に自信があるからね。だから一流なんだ。

自分に言い聞かせてるみたいだけど、本当にそう思います。

さておき、この金曜日は久しぶりにホームのCAYでDJします。このひと月ぐらい、いろいろ感動する出来事にたくさん遭遇したので、ひとまわり大きくなったプレイができるんじゃないかと思っています。

A SLIED SHOW

DJ日記 

fullsizeoutput_8c2c.jpeg

5351POUR LES HOMMES代官山リニューアルレセプションでDJしてきました。

写真だとBARかレコードショップみたいけれど、もちろん服屋です。売り場から独立した場所にあるこのカウンター、普段はレジが置いてあって、お会計のやりとりをする場所なんだけど、機材をセットして、そこから酒も出すという言わば即席DJ BARな展開。

前面ガラス張り、売り場のフロアに通ずる手前側にも仕切りガラスがはめ込まれていて、ラジオの公開スタジオのようでもあります。この空間、そのまま欲しいよね。

お客様はとなりのフロアにいらして、離れたところからのオペレーション。まあ正直なところ選曲はとてもむずかしかったです。人の動きとかは何となく見えるんですけどね。空気がわからない。自分はいつも(無意識的に)空間のムードを読みながらDJしているんだなあって実感しました。

この夜はPiece of PeaceのChihiroさんがゲストで登場。時々、レコードに合わせて即興で言葉をのせるという例のヤツをやってくれたんですけど、あまりにもうまく馴染みすぎて、たぶんお客様のほとんどはライブとは気がつかなかったんじゃないかな。

そして終盤にまた素晴らしすぎるパフォーマンスが炸裂しました。これはその時の写真。彼女、叫んでるみたいに見えるけど違うんです。「ささやいている」んだ。

静かに流れるピアノソロに合わせて雑踏のすきまにポルトガル語のポエムを流し込む。その聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな声を出すために、彼女、全身全霊を使っているんだ。ほんとに驚いたね。ちょっと言葉にならない。「感動」を超える意味の新しい言葉をこさえなくてはなりません。

録音できたからこれはジャイルスピーターソンにデータを送りつけてやろうと思ってます。

同じカウンターからお酒を出していたので、やはりバーテン魂?が騒いでしまって、何となくそっちのお手伝いも。その流れでChihiroさんまでバーテンやる羽目になりました。とんでもなく想定外の展開になってしまったけど、ご本人、楽しんでらっしゃったみたいだから、ま、いいか。

5351関係者のみなさま、おめでとうございます。素晴らしい機会を与えていただきありがとうございました。服と酒(僕はもう飲まないけど)と音楽と、傍に美しい詩を携えた美女と。もオレはもうそろそろ死んでもいいかなすらと思います。

Photo by @secret_citywalk

 

 

GQOM GQOM GQOM!

fullsizeoutput_885e.jpeg

DJmacromance with MAKI on Flute. Photographed by @seacret_citywalk / at JICOO THE FLOATING BAR / 17 AUG,2018

予想を超えることは想定内として、さらにその上をいく圧巻のパフォーマンスでした。僕もまあ頑張りましたけどね。やはり女王様は凄かった。猛獣使いが猛獣に使われてるみたいな(まあそれはそれでひとつのスタイルとして機能しそうだけど。)ショータイムでした。

今回もあれこれチャレンジしたのですが、個人的にはGQOM(ゴム)のレコードでセッションできたことがとても嬉しかった。エレクトロなのに有機的で土の匂いのする不思議なダンスミュージックGQOMは南アフリカはダーバン発信。全体的に呪術的でおどろおどろしいムードなので、なかなかかけられる機会がなかったのだけど、前日のスタジオで合わせてみたら、すごくうまくいったので、急遽導入したわけだ。変態エレクトロに女王様の笛がのると本当に魔法がかかったみたいに優美なアフリカンミュージックに変身します。また新たな扉が開いてしまいました。

Snipe Shot

IMG_3749.jpg

DJmacromance photographed by Masanori Kamide

同じ場所で同じようにDJしているのに、撮影する人によってここまで違うのか。以前に別のカメラマンに撮影していただいた写真とぜひ見比べていただきたい。こりゃまるで別人だよ。

撮影は上出 優之利さん。フォトグラファーの前はDJだったとか。なるほど。音の趣味が滲み出してきそうなショットです。ゴロワーズとかジタンの匂いも漂ってくる感じもするよね。ここまでドブ臭いジジイに撮ってもらえたのは初めて。現実を超えて、ひと足先に「なりたい自分」になっちゃってるんだ。

そういう意味では写真家は未来を映し出す預言者であるとも言えましょう。

上出氏は現在、師エスケンの生活に密着して撮影してるほか、大好きなガールズ=BimBamBoomのLIVE会場でも必ず姿を見かけます。たぶん年齢も近いし、要注目アーティストのうちのひとりです。

DJ info スペシャルゲスト

fullsizeoutput_7706.jpeg

with Chihiro Sings. Photo by sercret_citywalk

5351POUR LES HOMMES のリニューアル・レセプション。Chihiro Singsさんのゲスト参加が決まりました。6月のJICOO(東京湾クルーズ)以来、2度目のセッション。何がどうなるかは当日になってみないとわからない。自分たちにもわからない。

5351 POUR LES HOMMES DAIKANYAMA REOPEN RECEPTION

8月24日(金)18:00-21:00 (Invited Guest Only)

Sound by DJmacromance feat. Chihiro Sings