カテゴリー別アーカイブ: ファッション

WISH LIST

CHANEL (1).jpg

何となくインターネットうろちょろ(起きている時間の半分ぐらいはコレです。)していたら、こんな写真を見つけました。むむ、欲しい。

僕はDJする時は基本ジャケット着用と決めているのですが、これに合うヘッドホンはほとんどありません。もともとそれほどファッション性を求められた分野ではないでしょうし、DJと言えばまあTシャツにベースボールキャップというのがイメージで、ボルサリーノに蝶ネクタイ姿のDJ がいることは彼らの頭の中では抹殺されている。メーカーの方もきっとファッションは遠く別世界のものだと思っているのでしょう。

別にすべての電機メーカーがファッションブランドとコラボする必要があるとは思いませんが、視点にファッション的要素を取り入れることは電機製品に関わらず、工業製品や車のメーカーにとっても悪いことではないんじゃないかと思います。実際iPhoneなんかはそうやってデザインされてきてるんじゃないのかな。

現在は機能重視で実直、値段も手頃なPioneer(車で言えば以前乗っていたホンダはまさにそうでした。)を使用していますが、 我が家のビートルちゃんみたいなお洒落と遊び心に満ちたヘッドホンが発売されたらすぐに乗り換えると思います。

で、写真のヘッドホン、調べてみたらお値段約90万円。2014年の商品ですでに完売しているらしく、マーケットではプレミア付いて150万円程度で取り引きされているようです。こりゃしばらくはホンダに乗り続けるしかないわな。

ちなみに「DJ用」に特化しなければ、そこそこお洒落なタウンユース用のヘッドホンが主にヨーロッパ方面のブランドから各種発売されています。逆説的に「DJはダサい」というのが世間一般的な認知ということでしょうか。

全然関係ない話ですけど、きのうカフェで美女と20分ぐらい時間を共にしたのですが、別れ際に彼女がバッグからシャネル取り出して慣れた手つきで唇に赤色を乗せはじめ、その姿がまあセクシーで、ぽかんと口をあけたままうっとり見とれてしまいました。久しぶりに時間が止まったね。どうせならにその作業を終えてから僕と会ってくれた方が嬉しかったですけどね。

*CHANELのヘッドホンがDJユーズに対応しているかどうかは未確認。

キダオレ日記

DSC_6197.JPG

青山CAYでDJする時に一本裏通りにあるアニエスb.に立ち寄るのが習慣になっています。まあ正直なところ「時代はアニエス」という感じが終焉してからずいぶん時間が経過しましたが、時々チェックしてみたくなるのは世代なのかも知れません。

絶妙の色使いは健在ですね。今季もオレンジやブルーなどカラフルな出で立ちの商品が気持ち良さそうに陳列されていました。僕の注目はやはり「赤」。ちょっとシックなオフレッドがおじさんにはしっくりきます。普通に海に行く時とかにも着ますけど、夏の定番、白いスーツに合わせるとこれがまあご機嫌なんだわ。サイズはもちろん「ゼロ」と決まっています。

MOVIE VIEW

met.jpg

映画 ”The First Monday in May”(邦題:メットガラ ドレスをまとった美術館)を文化村ル・シネマで観ました。ファッション、アート系のドキュメンタリー映画はだいたいどれも同じセオリーを踏んで作られていることが多く、意地悪な言い方をすれば、観る前から内容はだいたいわかっています。それでももちろん見どころは各所にありますし、作者からのメッセージを発見する喜びやドキュメント作品ならではのリアルな感動を求めて、年に5本ぐらいは観てしまいます。僕はハードな映画狂ではなく、わざわざ劇場まで足を運ぶのはせいぜい年間50ぐらいですから、10本に1本はこの類な計算になります。けっこう好みの分野と言ってよい。

今回もたいして期待もせずに、雨の渋谷まで行ったわけなのですが、結論から言うと、いやはや想像以上にすごくよかったです。イベントそのもののスケールが壮大なのが一点。そして何と言っても登場人物のキャラクターの豊潤さが一般的なドキュメント作品から逸脱しています。衣装、セリフ、表情、身のこなし、、どれをとっても演出がかかっていないとは思えない。

たいした事件が起こるわけではないのですが、スピーディーでハラハラさせる展開で飽きさせず、被写物の美しさやセンスのよい音楽もあいまって非常に満足度が高い作品だと感じました。

イベントの映像を担当した映画監督のウォンカーウァイがいい味出してたなあ。場外馬券売り場とかにたむろしてるおっさんみたいな風貌なんだけど、終始無口も、たまに喋るセリフがとてもバランス感覚に優れていて、こういう風にものを話せるようになりたいなと思いました。あと、エンディングロールの最中だったけな、最後の方にスパイクリーが写真の中で一瞬だけ登場するんですけど、その1秒にもグッときました。

映画っていいですね。

キダオレ日記

DSC_6174.JPG

雨宿りにかけこんだ服屋でストールを発見。ロサンジェルス発のブランド(名前忘れました)の一品で「キースリチャーズ」という名前が付けられているのだそうです。他にもサルエルパンツとか着脱式のシャツカラーとか気になる商品がたくさんありました。販売員のお兄さんもとてもいい雰囲気で接客も丁寧で気持ち良かったです。最近、飲食店などのサービスが劣化していると感じることが多いのですが、服屋の店員のサービスは年々レベルが高くなっているように思います。

さて、このキースリチャーズ。いきおいで買ったはいいけど、僕に似合うでしょうか。

キダオレ日記

IMG_8966.jpg

JUNグループで買い物できる商品券をいただいたので、SATURDAYS SURF〜MESON KITSUNE〜BONJOUR RECORD あちこち物色して回ったのだけど、以外と欲しいモノがありません。で、ADAM et ROPEでふと目に止まったVANSの赤いスニーカー。何だかもったりしたシルエットで僕の思ってるVANSとちょっと印象がちがうと思ったら、復刻モデルなんだそうです。お店の男の子の商品知識がとてもしっかりしていて、いろいろ教えてもらってるうちに欲しくなってきてお買い上げしました。これで海に行ったらゴキゲンだよなあ。何となく娘(同じ足のサイズ)に取られそうな気もしますが。

キダオレ日記

DSC_6136.JPG

赤いソックスは見つけたら即買いします。

キダオレ日記

DSC_6103.JPG

赤ソックスは見たら買え。