カテゴリー別アーカイブ: ファッション

キダオレ日記 コムデギャルソンでシャツを買う

DSC_6714 (1).jpg

ロングシャツ:COMME des GARCONS HOMME PLUS

少し前にtumblerでいい感じのシャツを着た人の写真を見つけて、こういうのがあれば欲しいなあと、このブログにもピン留めしていました。まあ普通にそのへんで売ってるようなものじゃないし、あったとしてもきっと高価で手がでないと思ってたのですけど、我らがコムデでまあまあイメージに近いのを発見。襟とか袖とかもうちょっと攻めてもらってもよいのですけど、まあそれも妥協ではなくきっと狙ってこうなったのでしょう。同モデルでホワイトバージョンもあったのでそちらも気になるところ。

キダオレ日記 赤いチェックのストール

DSC_6712.JPG

ストール:ENGINEERED GARMENTS

この秋冬は何となく「パンク回帰」がマイブーム。はからずも大好きなブランド=エンジニアードガーメンツから赤いチェックのストールが発売されていました。セレクトショップで見つけて2秒で購入を決めました。特徴的な斜めカット、波を打ったようにくねくねしたリブ加工が施されていて、身につけた時に多彩な表情が生まれます。デザインもいいけど今回は素材の質感がどっしりしていて湿度が高く、すごく好み。同じスタイルのストールが毎シーズン発表されていて、いつも同素材のシャツやハットなどが同時に発表されるから、今回もきっとそうなのかな。路面店をチェックしに行きたくなりました。

ハンドメイドでケースを作ってもらった

DSC_6705.JPG

これは何でしょう?と聞かれて答えられる人はたぶんいないでしょう。何かのケースにはちがいないが果たして何を入れるもの?

 

DSC_6706.JPG

もったいぶってもしょうがないから答え。蓋を開けるとこういう風になっています。ん?まだわかんない?

 

DSC_6696.JPG

中身はコレ。DJやってる人には馴染みのパーツ。EPアダプターって呼ばれています。

 

DSC_6697.JPG

中央に丸く穴のあいたいわゆる「ドーナツ盤」と呼ばれるレコードをかける時に使います。通常はターンテーブルとセットになっていますが、重さや色、形、いろいろあります。マイアダプターを持参するDJも少なくない。しかしコレ、失くしやすいんだよな。あとカバンの中でおさまり悪いの。

で、オリジナルケースを注文。相談にのってくれたのは友人モリモト。

 

DSC_6698.JPG

アダプターをふたつ重ねてぴったりサイズ。蓋は取り外しができて、しっかりボタンで留められるようになっています。小さな取っ手がついてキーホルダーのように使うこともできる。

 

DSC_6700.JPG

そして、こんなのが付いています。

 

DSC_6699.JPG

何と、アダプターの間に挟んで収納するってわけコレが。アダプター同士が当たってカチャカチャしなくなります。

 

DSC_6702.JPG

そして未使用時はコレもボタンで留められるようになっている!ボタン留めが左右にあるので蓋もコレも無くす心配なし。

 

DSC_6708.JPG

裏にはこれもオリジナルの焼印あり。細かいとこまで粋なんだよな。何もかもが至れり尽くせり、世界にひとつのオリジナル品。もちろんオールハンドメイド。素晴らしい仕事をしてくれました。ちなみにデザインもすべてモリモト案。ありがとう、大事に使います。

保存保存

キダオレ日記 リメイクの巻

shot.jpg

この秋はファッションも音楽も好みが20代の頃のテイストに戻っております。とはいえ当時よりはずっと小綺麗に。清潔に。ジャケットはポッケを付け替えたリメイク品。チェック柄を取り入れるだけでパンクっぽく見えるから不思議です。

photo by KIKO MATSUYAMA

 

Movie View

DSC_6672.JPG

エミール・クストリッツァ監督の”UNDER GROUND”完全版を恵比寿ガーデンシネマで観ました。連続ドラマ形式、6のエピソードで構成された5時間以上に及ぶ大巨編。いやあ、久しぶりにぶっ飛びました。

恥ずかしながらこの監督(作家、ミュージシャンでもあるらしい)のことをこれまで全く知らず、情報というのは与えられるのをただ待っているだけではなく、時として積極的に発掘すべきと反省しています。他の作品を観ていないので、これだけで大きなことを言うのも何ですけど、クストリッツァも知らずによくもまあしゃあしゃあと映画評まがいの口を聞けたもんだわ。

この興奮が一時的なものなのかどうかはまだわからないけれど、セックスピストルズの存在を初めて知った時と同じぐらいの強いインパクトを受けたことは間違いありません。

で、イベント限定Tシャツを購入するという、マニアックなサブジェクトを起点にしてるわりには、とてもミーハーな行動。ウンザ!ウンザ!

キダオレ日記

DSC_6657.JPG

Hat : ODDS / Button Badge : Christopher Nemeth

昨年ぐらいから服屋ではなく雑貨屋でちょくちょく見かける”ODDS”というメーカー?の帽子。写真のハットタイプの他にもベレーもあり、どこか微笑ましいルックに目を惹かれて思わず手にとってしまいます。

値段が非常に安いのが特徴で、これはたぶん5000円もしなかったんじゃないかな。もしかしたら帽子をデザインする際のサンプル型なのかな、とも思いました。

ウールがチクチクするので、敏感肌の人には向きません。ロン毛の僕には許容範囲内ですが、それでも耳とかがけっこう気になります。

イメージとしては、無印良品的な着こなしをする女性の方が好むオーガニック素材のダボっとしたワンピースとかにしっくりくる感じですね。これをメンズのジャケットパンツに合わせると、ロックっぽいシルエットができあがるから不思議。服というのは本当におもしろいものです。クリストファーネメスのバッジも何の違和感もなく馴染むでしょ?

シンプルだけど小粋、ありそうでないデザイン。キダオレポイント55ってとこかな。このままのシルエットで素材だけ良いものを使って作ってもらえれば倍以上のお値段でもポイント80超えは間違いなしと思います。

保存保存

キダオレ日記

DSC_6644.JPG

クリストファーネメスでパンツを買いました。サイズがなかなか決まらずマダムに何度も履き替えさせれて、試着で汗かいちゃったよ。(笑)結局いちばん小さいXSサイズに落ち着きました。この年齢になって身につけるクリストファーネメス。いろいろな想いが頭の中をよぎります。

写真:何度か履いて街を歩きましたので、すでに僕のいびつな体型が出ちゃってますね。ネメスの服の本当のかっこよさがわかるのは穴があくぐらい着倒してから。着るほどに表情が変化していく様子をまたこのブログでご報告いたします。

保存保存

保存保存