カテゴリー別アーカイブ: サーフィン

ドリッパー

IMG_0404 (1).jpg

携帯用のコーヒードリッパーを入手しました。折りたたみ式、専用のポーチも付いてご機嫌です。これで「海でコーヒー」用の道具集めコンプリート。

リーシュコード

DSCN1843 (1).jpg

年をとってからサーフィンを始め、途中でやめてしまう理由のひとつに、やはり「他のサーファーの目」というのがあるようです。どんなに立派な人でも、海に入ったらヘタクソはクソなんでね。ぎこちない動きでみっともない姿を晒し、若い奴らに邪魔扱いされながらも、とにかく海に通わないことにはその先はなく、心が折れてしまう人がいるのは理解できます。

僕はもともとプライドのおそろしく低い人間なので、ちょっとやそっと人にバカにされたぐらいでへこたれることはありませんが、哲学かましてくる輩とはあまりつきあいたくないですね。「人間として成長しないとサーフィンはうまくならない。」みたいな。若造に言われたくねえわ。

まあ、そんなわけで、僕がサーフィンに行く時は、いかにして「オーラ」を消すか、というのはひとつのテーマであります。ヘタクソなくせにかっこばっかりは笑いの種なんでね。「いやいや、僕はど素人なんっす。人間としてもまだまだ未熟で、すいやせんっ。」という謙虚な空気感をまとう努力は怠らないようにしています。

服や持ち物も、あまりに洗練されているスタイルは避けます。適度に軽薄でいかにも素人っぽい雰囲気が狙い目。Ron Hermanなんかちょうどいいかもね。僕の知るかぎりでは本物のサーファーはRon Hermanで買い物していないと思います。

Ron Hermanを引っ張ってきたのはサザビーリーグという会社で、カフェ&雑貨の走りともいえる”Afternoon Tea”が象徴するように、以前からファッションと食、ライフスタイルをトータルで提案することに長けた大組織です。ファッション系のブランドが飲食に手を出してことごとく失敗する中、よいバランスを保ちながらずっと勝ち続けてきた唯一無二の存在。

Ron Hermanの登場には業界もけっこうびっくりしたのではないかしら。サザビーといえば、もともと英仏ヨーロッパ風のイメージを表に打ち出したブランド。それが何の前触れもなく突然カリフォルニア、しかもこれまでほとんどファッションとは無縁(失礼)だった「サーフィン」が主役です。

このような自らさえも裏切るようなムーブに、万人規模の従業員を抱える大会社がトライするという事態からは、僕ら平民も大いに学ぶべきと思います。月に向かって旅行しているところを「今から行き先、火星に変更するわ。」と言ってるような感じだったんじゃないかな。社内きっといろいろ大変だったでしょう。

ま、それとこれとは別の話ですけどね。どんなに火星が素晴らしいところだろうが、破れたTシャツに4万も5万も出せるわけもなく、今日はしれっとリーシュコードを購入しました。しつこいけれど、本物のサーファーは絶対Ron Hermanでリーシュコードを買わないと思います。カラーも軽薄なホワイトでいかにも素人っぽいでしょ?

ゴミ箱

DSC_6567.JPG

サーフィンとかアウトドアなシチュエーションに携帯式のゴミ箱があると便利かなと思っていたら、しっかり商品としてあるんですね。別に他の用途に使ってもよいのでしょうけど、いちおうゴミ用として売られていました。思いつくモノは何でも売ってる2017年。

写真はたたんだ状態、留め具を外すとビローンと伸びて高さ30cmぐらいになります。内部に小さな洗濯バサミみたいのが付いていて、ビニール袋などを固定できるようになっている。外に置きっ放しだと風に飛ばされてしまうので車内専用。思っていたほど便利でもないような気もします。そのうちこれそのものがゴミになっちゃったりして。

「ゴミ」は英語で”Dust”とか”Garbage”が一般的だと思うのですけど、イギリスでは”Rubbish”で、頻繁に会話に登場してくる単語だったと記憶しています。ゴミそのものを意図するよりも、気に入らない音楽とか映画とかを指して「あの曲はクソだ。」みたいな使い方をすることが多かったと思います。鋭利でスノッブなイギリス英語の発音で言われるとけっこうグサッときちゃうよね。

コーヒードリップポット

DSC_6538.JPG

海辺でコーヒー。というのをやってみたく、ツールを集めているところです。ガラクタだらけの我が家ですので、買い物しなくとも大抵のものはすでに持ってたりするんだよね。このポットも以前ダダティークで使っていたもの。たしかタカヒロというブランドの日本製、高くバリスタの指示を得ているモデルです。もともとはプロ用のツールだけど、昨今のコーヒーブームもあってか自由が丘あたりの雑貨屋などでも見かけるようになりました。けっこういいお値段しますけど、ものすごく使い勝手よく、ひとつ持ってればたぶん一生使えますので、コーヒー好きの方にはかなりオススメです。

アウトドア用ではないけれど、頑丈だし、直火オッケーだし、海で使うのに何の問題もないと思います。ちょっと使い込んだ感じもかっこいいでしょ?

で、次はドリッパーだな。

サーモカップ

IMG_0190.jpg

最近の買い物は先にイメージがあって、あとから現物がついてくるというパターンが多い気がします。その日一杯目のモーニングティーを車でいただく時のためのサーモカップをずっと探しまくっていたのですが、サイズや形状で納得のいくものになかなか出会えず、妥協してスタンレーのフタなしサーモタンブラーにしようかと思い始めていたところで、ほぼすべての条件を満たしたコイツを見つけました。ちょうどコーヒー一杯分というサイズがいいし、いかにもカリフォルニアっぽいデザインも、まあこのカラーなら許されるんじゃないかと。

肉体改造

DSC_6496.JPG

もともとダイエットをしていたところに入院が重なり、痩せたのはいいのですけど、所有のパンツが全部デカくて腰パンになってしまったり、弊害もないわけではありません。前回、ラッシュガードだけでサーフィンしたら肋骨が当たるところが痛くて、痛くて。

ま、数十年ぶりに自分の理想に近い体型に向かっているところですので、そういうの全部楽しんでいますけど。

新しくベストを入手しました。例によってPatagonia。方々から賛否(主に否の方ね)の声が聞こえてきますが、前にも言ったとおり、僕の中ではそれらの問題はいちおう解決しています。いずれにしてもこれで肋骨気にせずサーフィンに集中できます。

話を戻しまして、入院という想定外の要素(の手助け)はあったものの、この春先に思い立ってスタートさせた肉体改造計画は順調に進んでいると思います。不摂生と運動不足で失った筋力を取り戻すのにはまだ少し時間がかかりそうですが、コンプリートまでの道のりがはっきりと見えています。

これまでいろいろなスタイルのダイエットに挑戦してきましたが、今回は入院をはさんだ前後で全くセオリーが異なっていて、そのどちらも効果を上げているところが自分的にもとても興味深いです。データはしっかり残してありますので、いずれどこかで公開するかも知れません。

 

瞑想タイム

DSCN1837 (1).jpg

さながらヴィムヴェンダースな1日。炎天下、全く人のいないビーチの脇で波が来るのをひたすら待ち続ける何かの修行のような午後でした。ある種の瞑想状態。退屈しないし暑さもぜんぜん気になりません。クリエーションの糧を求めてサーフィンをやっているわけでは全くないけれど、サーフィンによって感性が磨かれていく感覚はあります。