カテゴリー別アーカイブ: アナーキー・イン・ザ・ブッシュ

DJ info 中止のお知らせ

TOKYOR (1).jpg

ごめんなさい。9月3日(月)に予定していたTOKYO R BAR&CAFEでのDJは急遽中止になりました。

きのう、富里アナーキーファームで農作業してまして、ゴーグルつけ忘れて草刈りしてたら、爆ぜた小石が右目に直撃。お医者に行ったら、眼球に傷はあるけど深刻ではなくすぐに治るとのこと。DJもできなくはないと思うけど、とにかく目を開けているのがしんどいし、涙たらたら流れっぱなしで仕事にならなそうなので、大事をとってお休みさせていただくことになりました。楽しみにしてた方、本当にごめんなさい。

しかし人間の目というのはすごいものですね。小石がこちらに向かってくるの、しっかり見えてました。スローモーションのようにも感じられるぐらいはっきり見えた。で、とっさにまぶたを閉じたのでしょう。目が開きっぱなしだったらどうなってたことやら。

自分はわりと反射神経がいいんだなあ。って思たんだけど、よく考えてみるとちがうね。見えてたのに、よけた形跡が全くないってことは、反射神経、相当錆びてるみたいですね。

帰りの電車の中、ずっと目を閉じてたんですけど、人の会話とか駅のホームの音とか、普段は気にしていない音がたくさんあるのに気がついて、何百回も行き来したことのあるルートなのに、すごく新鮮な感じがしました。あと、目の不自由な方はふだんからこのような暗闇の中で生活されていて、それってスーパーすごいことなんだということも再認識。

怪我をしたのは右目だけなんですけど、なぜか左目も開けてるのがしんどいんですよね。普段よりまぶしく見えるし、距離感もぜんぜんわかんないし。なので帰宅後は両目を閉じているんですけど、そうするとやはりすぐに寝てしまいますね。久しぶりに10時間ぐらい寝て、今もまた寝そうです。パソコン中毒もこれでちょっと治るかも。

では、おやすみなさい。

ジャングル

IMG_0146.jpg

土地の境界線の確認作業に立ち会ってきました。僕がまだ子供の頃に祖父から譲り受けた土地らしく、おそらくその当時はそれなりに価値があった(あるいはその後価値が上がると想定していた)のだと思うのですが、現在は見ての通りのジャングル状態で、どうにもなりません。聞けばもともと畑だったところにわざわざ植林したのだそうで、おじいちゃんとしてはきっと「金に困ったら木を切って売ればよかろう。」というようなつもりでいたのでしょう。今や木の値段よりもそれを切るコストの方がずっと高く、もくろみは外れたわけなのですけど、うっそうと茂った木々のエネルギーをそのまま「愛」だと解釈すれば、ああ自分はご先祖様に愛されているんだなと感じることはできます。何もこんな南国調の木を植えることもなかったような気はしますけど。

オリーブ栽培日記

DSC_6264.JPG

花が散ったあとのオリーブ。これは実がなってきたとしか言いようがありません。順調すぎて少し怖い。実際、葉っぱが黄色くなっているところが数カ所あり、本で調べてみたら害虫か水不足か栄養不足とのこと。見たところ虫がついている感じはしないし、水はこまめに与えているので大丈夫なはず。となると栄養か。市販の栄養剤(固形)を施してしばらく様子を見ます。

平和と知恵

DSC_6236.JPG

満開のオリーブの花が散り始めました。とすると、もしかしてこのあと実がなるのででしょうか?想像しただけで興奮してしまいます。

オリーブの花言葉は「平和と知恵」なのだそうです。世界がオリーブの樹を中心にまわるようになればよいのに。

Weeds

IMG_9149.jpg

ひとりで荒地の整備をしています。数年前に大きな工事を入れて土地がほぼ平らになり、無造作に生えていた木々も撤去してもらったので、草を刈って地面を耕せばすぐに耕作をはじめることができます。毎週のように足を運べればよいのですが、なかなか時間を作ることができず(できなくもないのですけどプライオリティーの問題ですね)結局、訪れるのは数週間に1度。作業をはじめて数年になりますが、いまだ雑草と格闘するところから先に進められていません。とくにこのシーズンの草花は本当にパワフルで日々爆発的に成長します。草を刈り、次回は何か植えようと思って行ってみたら前よりも大きくなっているといった始末で手に負えません。

まあね。相手が雑草でも、緑と戯れるのは悪くないというのはあります。いっそ「雑草を育てている」と考えればいいのかも知れません。この花たちだってこんなに嬉しそうに咲き乱れていてとても刈り取る気持ちにはなりませんもの。

小庭

DSC_6183.JPG

我が家には小さな庭がありまして家族で手入れをしています。家族それぞれの持ち場があり、僕は大きめの木の剪定と西側、妻が東、いちばん光の入る南側は下の娘が主導で手を入れています。写真がその南エリア。乱雑荒れ放題に見ますが、娘なりにそれなりのストーリーがあるようで、木、花、野菜、雑草がいい感じに共存していて全体としてとてもパワフルな庭になっています。雑草もほとんど抜かないのですが、不思議と嫌な草は生えてきません。となりの家から垣根を越えてきて咲き乱れている花たちがいたりして、さながら植物のパーティー会場です。

オリーブ

DSC_6173.JPG

昨年、我が家に来たオリーブの木。これはもしかしてつぼみでしょうか。自分で育てている植物に花が咲くなんて、まるで夢のようです。