カテゴリー別アーカイブ: アナーキー・イン・ザ・ブッシュ

オリーブ栽培日記

DSC_6264.JPG

花が散ったあとのオリーブ。これは実がなってきたとしか言いようがありません。順調すぎて少し怖い。実際、葉っぱが黄色くなっているところが数カ所あり、本で調べてみたら害虫か水不足か栄養不足とのこと。見たところ虫がついている感じはしないし、水はこまめに与えているので大丈夫なはず。となると栄養か。市販の栄養剤(固形)を施してしばらく様子を見ます。

平和と知恵

DSC_6236.JPG

満開のオリーブの花が散り始めました。とすると、もしかしてこのあと実がなるのででしょうか?想像しただけで興奮してしまいます。

オリーブの花言葉は「平和と知恵」なのだそうです。世界がオリーブの樹を中心にまわるようになればよいのに。

Weeds

IMG_9149.jpg

ひとりで荒地の整備をしています。数年前に大きな工事を入れて土地がほぼ平らになり、無造作に生えていた木々も撤去してもらったので、草を刈って地面を耕せばすぐに耕作をはじめることができます。毎週のように足を運べればよいのですが、なかなか時間を作ることができず(できなくもないのですけどプライオリティーの問題ですね)結局、訪れるのは数週間に1度。作業をはじめて数年になりますが、いまだ雑草と格闘するところから先に進められていません。とくにこのシーズンの草花は本当にパワフルで日々爆発的に成長します。草を刈り、次回は何か植えようと思って行ってみたら前よりも大きくなっているといった始末で手に負えません。

まあね。相手が雑草でも、緑と戯れるのは悪くないというのはあります。いっそ「雑草を育てている」と考えればいいのかも知れません。この花たちだってこんなに嬉しそうに咲き乱れていてとても刈り取る気持ちにはなりませんもの。

小庭

DSC_6183.JPG

我が家には小さな庭がありまして家族で手入れをしています。家族それぞれの持ち場があり、僕は大きめの木の剪定と西側、妻が東、いちばん光の入る南側は下の娘が主導で手を入れています。写真がその南エリア。乱雑荒れ放題に見ますが、娘なりにそれなりのストーリーがあるようで、木、花、野菜、雑草がいい感じに共存していて全体としてとてもパワフルな庭になっています。雑草もほとんど抜かないのですが、不思議と嫌な草は生えてきません。となりの家から垣根を越えてきて咲き乱れている花たちがいたりして、さながら植物のパーティー会場です。

オリーブ

DSC_6173.JPG

昨年、我が家に来たオリーブの木。これはもしかしてつぼみでしょうか。自分で育てている植物に花が咲くなんて、まるで夢のようです。

オリーブガーデン

IMG_6572.jpg

荒地のオリーブ園化計画。この秋に苗付けをしようと目論んでいたのですが、外目には整っているみたいに見える土にクワを入れてみたら雑草の根っこがしぶとく残っていて、人力で耕すのはかなり困難なことが判明。耕運機を買うか、あるいは狭いエリアからスタートするか、なんて考えているうちにあっというまに9月が終わってしまいました。(長雨もありましたが、あまり言い訳にはなりません。)夏の間に苦労して刈った雑草が前よりもパワフルにもくもくと生えてきちゃってるし、この秋の苗付けは断念することにしました。ってのが前回までのストーリー。

文章でも音楽でも映像でも思いついて作業にかかって2時間ぐらいで完成しないものは完成しない。故に何も完成させたことがない。というのが僕の性分。こんな自分のことを心底から恥じていますが、ともかく、どう考えても僕みたいな飽きっぽく集中力が持続しない人間は農業のような長期的なクリエーションには全く不向きです。しかも、植林ともなれば、植えた木から実が取れるようになる頃には自分が生きているかどうかすらわからないぐらいの長帳場。僕にとっては「勝算ほとんどなし」と言ってもよいぐらいの無謀な挑戦です。

ただ、土地と格闘する作業そのものは、わりと細かなパーツにわけることができて、例えば草刈りひとつとっても、2時間も集中してやればひとりでも50坪ぐらいのエリアの草は刈れるわけで、草が刈り取られた後の土地の清々しい様を「作品」とするならば、草刈りは非常に効率のよいクリエーションであるとも言えます。50坪のキャンパスに2時間で絵を描くのは誰にとってもなかなかのハードワークでしょうから。

ま、へりくつはともかく、目先の作業そのものがけっこう楽しいもんで、先のことはあまり考えずにちょっとずつ進めていこうと思っています。

オリーブの苗木を買って自宅の庭で育て、ある程度大きくなったら土地に植え替え。ってな計画。

この日も近所の花屋さんで見つけたオリーブの木を買ってきて、この後、植木鉢に植え替えました。ともあれオリーブは人の気持ちをとても良くさせる不思議で幸せな植物です。

スタート

IMG_6514.jpg

400坪の空き地(荒地)をオリーブ園にしようという、かなり壮大な計画を立て、ちょくちょく土地に入ってはそれなりに準備を進めてきたのですけど、この秋の苗付けのタイミングには間に合いませんでした。ひとまず家庭菜園から始めます。