カテゴリー別アーカイブ: かいもの

キダオレ日記 コムデギャルソンでシャツを買う

DSC_6714 (1).jpg

ロングシャツ:COMME des GARCONS HOMME PLUS

少し前にtumblerでいい感じのシャツを着た人の写真を見つけて、こういうのがあれば欲しいなあと、このブログにもピン留めしていました。まあ普通にそのへんで売ってるようなものじゃないし、あったとしてもきっと高価で手がでないと思ってたのですけど、我らがコムデでまあまあイメージに近いのを発見。襟とか袖とかもうちょっと攻めてもらってもよいのですけど、まあそれも妥協ではなくきっと狙ってこうなったのでしょう。同モデルでホワイトバージョンもあったのでそちらも気になるところ。

キダオレ日記 赤いチェックのストール

DSC_6712.JPG

ストール:ENGINEERED GARMENTS

この秋冬は何となく「パンク回帰」がマイブーム。はからずも大好きなブランド=エンジニアードガーメンツから赤いチェックのストールが発売されていました。セレクトショップで見つけて2秒で購入を決めました。特徴的な斜めカット、波を打ったようにくねくねしたリブ加工が施されていて、身につけた時に多彩な表情が生まれます。デザインもいいけど今回は素材の質感がどっしりしていて湿度が高く、すごく好み。同じスタイルのストールが毎シーズン発表されていて、いつも同素材のシャツやハットなどが同時に発表されるから、今回もきっとそうなのかな。路面店をチェックしに行きたくなりました。

Movie View

DSC_6672.JPG

エミール・クストリッツァ監督の”UNDER GROUND”完全版を恵比寿ガーデンシネマで観ました。連続ドラマ形式、6のエピソードで構成された5時間以上に及ぶ大巨編。いやあ、久しぶりにぶっ飛びました。

恥ずかしながらこの監督(作家、ミュージシャンでもあるらしい)のことをこれまで全く知らず、情報というのは与えられるのをただ待っているだけではなく、時として積極的に発掘すべきと反省しています。他の作品を観ていないので、これだけで大きなことを言うのも何ですけど、クストリッツァも知らずによくもまあしゃあしゃあと映画評まがいの口を聞けたもんだわ。

この興奮が一時的なものなのかどうかはまだわからないけれど、セックスピストルズの存在を初めて知った時と同じぐらいの強いインパクトを受けたことは間違いありません。

で、イベント限定Tシャツを購入するという、マニアックなサブジェクトを起点にしてるわりには、とてもミーハーな行動。ウンザ!ウンザ!

キダオレ日記

DSC_6644.JPG

クリストファーネメスでパンツを買いました。サイズがなかなか決まらずマダムに何度も履き替えさせれて、試着で汗かいちゃったよ。(笑)結局いちばん小さいXSサイズに落ち着きました。この年齢になって身につけるクリストファーネメス。いろいろな想いが頭の中をよぎります。

写真:何度か履いて街を歩きましたので、すでに僕のいびつな体型が出ちゃってますね。ネメスの服の本当のかっこよさがわかるのは穴があくぐらい着倒してから。着るほどに表情が変化していく様子をまたこのブログでご報告いたします。

保存保存

保存保存

キダオレ日記 ハット

DSC_6640.JPG

HAT : SCHA

先日購入したSCHAのハットが好調。そのまま新しいプロフィール写真のツールとしても導入、この秋冬の僕のカラダの一部となりました。

シルエットの美しさ、ちょうどよいサイズ感、やわらかな素材。どれをとっても素晴らしいのですけど、使ってみると更にすごかったです。帽子の素材はやわらかすぎるぐらいやわらかく、脱いだ状態だとぐにゃぐにゃしているところ、ひとたび頭に乗せると記憶を呼び覚ましたかのようにしゃんと山高帽の形に戻ります。

おそらく形状記憶繊維を導入したのでしょう。そういえばショップの店員さんが「たたんで鞄に入れて持ち歩ける」というようなことを言っていたような気がします。

ちょっとやそっとでは形が壊れない。僕のように服をガンガン着たおすタイプのウェアーズにとってこれはとてもありがたいです。

前回も言及したのですけど、(過去に買った)SCHAの帽子は耐久性があまり強くないという弱点がありますので、これはまとめていくつか買っておいた方がいいかなと思っておりましたところ、先週DJをしたCAYの上にある雑貨屋で同ライン別デザインのハットが売られているのを見つけてしまい、即買いしました。前のとよく似たシルエットですが、こちらはちょっとツバが長いタイプ。この秋冬ヘヴィーユーズすることになると思います。

保存保存

BACK TO BASIC

IMG_0138.JPG

新しいプロフィール写真(最近はアー写っていうらしい)の撮影をしました。カメラは湿板写真で時の人、谷中の和田高広さん。衣装はコムデギャルソンのBLACKで新調。シンプルな黒のセットアップがご機嫌です。足元はパラディウム。これは25年ぐらい前に実際に履いていたヴィンテージ品。結局BACK TO BASICだよなあ。昔からそんなに好みが変わっていません。このまま棺桶に入っても大丈夫。

キダオレ日記 ハット

DSC_6601.JPG

HAT : SCHA

コムデギャルソンを物色していたら、シルエット、サイズ、素材、カラー、すべてにおいて完璧なハットを発見。帽子は腐るほど持ってますが、ここまでしっくりくる出会いはそうはありません。9月4日を「帽子記念日」に認定したいくらいご機嫌です。

SCHAは確か北欧の帽子ブランドだったと記憶しています。前のシーズンにコムデとのダブルネームアイテムを見たような気がしますが、今回は特にコラボ企画モノではなくて普通のセレクトのようです。

SCHAの帽子はニットベレーなど過去にもいくつか所有したことがあります。ストイックながらもどこかほのぼのとしたデザインがかなり好みなのですが、耐久性が悪いのだけが難点かな。これまで買ったのは全てワンシーズンもちませんでした。繊細と言ってしまえばそのとおりなのですけど、気に入った服は毎日のように着たおしたい派の僕としては、もう少し頑丈な作りの帽子を作ってもらいたいと思います。

そういえば、コムデギャルソンのショップ内にクリストファーネメスのコーナーがありまして、ひときわ強力な存在感を放っておりました。昨年モデルのデニムパンツが2着残っていて試着したのですけど、サイズ叶わず。最近、痩せて服探しは困難を窮めております。

追記:SCHAは北欧ではなくドイツのブランドなのだそうです。(未確認情報)

保存保存