キダオレ日記

IMG_8567.jpg

いつの時代もブレずに履き続けてきたパラディウム。我々世代の人間にとっては当時のマストアイテムでしたが、その後、人気が下火になり、90年代はほとんど忘れ去られた存在に。マーケットからも姿が消え、入手は本当に困難でした。ネットで問屋に在庫がないか問い合わせたり、本国フランスでなら手に入るかとパリの靴屋を回ったこともあります。(結果は撃沈。その頃のパリジェンヌの足元はオールスターで統一されていました。)

今は正規代理店があって、東京でも問題なく入手することができます。ま、キャンバスの具合とか当時と同じではありませんけど。

そんなパラディウムマニアに吉報。何と今年はパラディウム創立70周年なのだそうで、アニバーサリーを記念してパンパオリジナル復刻版が発売されました。シンボルマークのタグがベロのところに抛凝らしげに縫い付けられています。パラディウムはやっぱりコレじゃなくちゃね。

また買えなくなると困るから、もう2〜3足ストックしておこうかなあ、なんて思っています。

裏通り

DSC_6071 (1).jpg

何年かぶりに熱海に行ったら、原宿竹下通りばりににぎわっていて少しおどろきました。気軽に行けて、海があり、食事も充実、温泉もあるってことで近年、観光地として再燃しているらしいです。僕が気になるのは、人気のない裏通りだったりするんですけどね。

ショートトリップ

DSC_6087.JPGMOA美術館(熱海)からのワンショット。海に浮かんでいるのは初島。

 

Snipe Shot

17204524_1298731513536902_1847378358_n.jpg

Photo by Noah SUZUKI

キダオレ日記

IMG_8520.jpg

よそ行きのソックスは「赤」が基本。でも、赤い靴下というのは意外となかなか手に入りません。なので見かけたらとりあえず買っておく。最後にアニエスb.で買い物したのはいつのことだっけな?

カスタマイズ

IMG_8479.jpg

カスタマイズと呼ぶようなレベルではないのですけど、愛車のニュービートルに少しづつ手を入れています。(メカニックはノーマルのままです。)これはバックミラーのカバー。フロントガラス越しに見るとかなり印象が変わります。自己満足。

オレと海?

IMG_8410.jpg

ビートルちゃんで海に行く時、サーフボードはケースに入れて運んでいたのですが、特に湘南だとボードそのまま載っけている人が多いので、僕も真似をしてみたところ、準備も撤収もかなり楽になることがわかりました。

ボードの積み方に関しては、どっちが上だとか、どっちが前だとか、先輩サーファーたちの間でも意見が分かれる上に、そもそもボードをルーフに積むのは危険だという意見もあって(逆に中積みは危険という人もいます。)、要するにサーファーそれぞれにスタイルがあるということなんだと思うのですけど、片方に従えばもう片方の顔が立たず、という感じで、まあ正直ちょっと面倒くさいところはあります。

サーフィンは「オレと海」な世界と思っていたのですが、海には必ず他のサーファーがいますし、地元の漁師さんや住民がいる。ルールやマナーを守ることは当然として、それ以上に彼らと良好な関係が築けるかどうかが、サーフィンを続けていく上でけっこう重要なポイントだということに最近気がつき始めました。「オレと海と人」なわけだ。

ローカルの決まりごとなんてローカルの人と接してみないとわからないですし、ポイント選びに始まって、地元の食堂とか、無料の駐車場とか、本当に欲しい情報はインターネットでは見つけられないことが多い。結局、ここでもコミニュケーション能力がモノを言います。人づきあいが苦手な自分がどこまでどう対応できることやら。

写真:ボードを傷つけずに積めるようにキャリアにパッドを取り付けました。